めだまサイクル~目の疲れたデスクワーカーのためのサイト~ » Step3【最適な対処】~疲れ目症状別のおすすめ栄養素~ » ルテイン

ルテイン

目に良いとされる栄養素として注目を集めているルテイン。しかし、まだまだあまり耳慣れないという人の方が多いのではないでしょうか。そこで、ルテインに関して特徴やメリット等についてを見てみるとしましょう。

ルテインとは

ルテインとは、青色光を吸収する働きを持っている栄養素です。青色光といえば、昨今スマートフォンやパソコンから発せられるブルーライトが話題を集めていますが、まさに青い光であるブルーライトを吸収する性質に大きな注目が寄せられています。また、元々体内にあるのですが、年齢とともに減少することから、摂取による効果が期待されています。

ルテインの
目の疲れに対する効果

ブルーライトへの効果

ルテインはブルーライトに効果があるとされています。ブルーライトは長時間浴びることで網膜にダメージを与えます。結果、目の疲れや痛みを引き起こすのですが、ルテインはブルーライトを吸収する働きがありますので、パソコンやスマートフォンを凝視することで浴びるブルーライトを遮断。目の健康を保ちます。
世の中に栄養素は多々ありますが、ブルーライトを吸収する働きが確認されているのは珍しい点、ブルーライトが社会的に多くの人にとって身近な障害となっていることから、ルテインへの注目度が高まっています。

抗酸化作用

ルテインといえばブルーライトの遮断効果が注目の的ですが、抗酸化作用も持っています。抗酸化作用は体内の活性酸素を除去する働きですが、目の疲れの原因でもある筋肉疲労にも効果が期待できます。筋肉疲労そのものが酸化によるものです。つまり、抗酸化作用のあるルテインを摂取することで疲労軽減効果が見込めます。

水晶体を保つ

抗酸化作用は筋肉疲労の軽減だけではなく、水晶体の濁りを防ぎます。水晶体もまた、疲労が蓄積される部分。
つまり、酸化が行われる部分になりますが、抗酸化作用により、披露蓄積の軽減や予防効果を高めあることで水晶体の濁りを防ぎ、クリアな視界を確保。視界にストレスを感じさせないこともまた、疲労軽減につながるなどルテインが目に好循環をもたらします。

ルテインの摂取方法

食事での摂取

ルテインは緑黄色野菜に多く含まれています。緑黄色野菜は決して入手困難な食材ではありませんので、手軽に摂取が可能なはずです。また、ルテインは油に溶けやすい性質があるので、油で炒めることで効果的に吸収できます。緑黄色野菜をバター等で炒めた料理であれば、より効率の良いルテインの吸収が可能になります。

サプリメントでの摂取 

食材での摂取も難しくはないのですが、1日6mgが望ましいとされています。この数字は、ほうれん草の3分の1束。なかなか簡単ではありませんので食事のみで栄養素を満たすのではなく、サプリを使用してみるのも良いでしょう。サプリであればルテインのみを効率よく摂取できます。

栄養素を効率よく取り入れる方法

タイミングを意識する

栄養は体に含まれてこそですが、体にどれだけ吸収されるかは食事のタイミングによっても異なります。例えば空腹時は吸収率が高い一方、満腹時は吸収率が鈍化してしまいます。
そのため、満腹時に摂取した栄養は、「体に不要な物」と認識され、排出されてしまいます。これではせっかくのルテインも意味がありませんので、空腹時に摂取すると良いでしょう。

品質も確認する

ルテインは効率を考えるとサプリでの摂取が良いのですが、サプリにも品質の差があります。例えばフリー体とエステル体では吸収に大きな違いがあるとされています。精製されているフリー体は体への吸収率が高いのですが、未精製であるエステル体は吸収率が悪いです。
また、原産国や精製国の確認も重要。どこでどのように加工されているのか把握できるサプリと、どこで製造されているのか、何を原産としているのか分からないサプリとでは、品質に差が出てしまうのも当然です。安全性という観点からも、サプリの質にもこだわってみましょう。

目の筋肉疲労に挑む!
抗酸化力の高い栄養素は?
       

デスクワークで生じる目の疲れのほとんどは、目の使い過ぎによる目の調節機能を司る筋肉(毛様体筋)の疲労が原因です。
筋肉疲労の原因物質といえる活性酸素の増加に対抗するためには、抗酸化成分が有効といえます。ある研究データによると、抗酸化作用が特に高い栄養素はこのようになりました。

〜各栄養成分の抗酸化力〜
           

※ビタミンCの活性酸素(一重項酸素)除去能を1とした場合の各成分の消去力を比較しています。

グラフ

Nishida, Y., et al.:Quenching activities of common hydrophilic and lipophilic antioxidants against singlet oxygen using chemiluminescence detection system, Carot. Sci., 11, 16, 2007 より参照

網膜にも届く
高い抗酸化成分
アスタキサンチンのイメージ
アスタキサンチンのチカラ
                   

関連ページ