めだまサイクル~目の疲れたデスクワーカーのためのサイト~ » Step3【最適な対処】~疲れ目症状別のおすすめ栄養素~ » ビタミン

ビタミン

ビタミンは身近な栄養素ですが、「ビタミン」には様々な種類があります。そこで、目に良いとされるビタミンについてをご紹介。既にビタミンを意識しているという人も多いかと思いますが、目の疲れに効果的なビタミンも覚えておきましょう。

目の疲れに対する効果が
期待できるビタミンの種類

ビタミンA

角膜や網膜を正常に保つ効果が期待されているのがビタミンAです。レバー、ニンジンや小松菜から摂取できるビタミンAは、目の細胞や粘膜の新陳代謝を促進することで目の機能保全に役立ちます。

ビタミンC

コラーゲンの合成を助けることで目の毛細血管を健康にする効果が期待できるビタミンC。ジャガイモやホウレン草、ピーマン等に豊富に含まれていることから日常生活の中での摂取も容易です。

ビタミンE

ビタミンEには血行促進作用があります。毛様体筋の筋肉疲労の改善効果が期待できるので、目の疲れにも効果が期待できます。アーモンドやごまに多く含まれていることから、こちらも日常的な食生活での摂取が容易です。

ビタミンB1

視神経の働きを高めることで視力低下を防ぐ効果があるとされています。豚肉、サバ、玄米など日常的に摂取する食事に多く含まれているので摂取は容易です。

ベンフォチアミン

活性型ビタミン1とも呼ばれているベンフォチアミンは筋肉や神経の動きを円滑にします。筋肉痛や末梢神経炎に効果があるとされているので、目の疲れの理由である目の周辺の筋肉疲労や視神経の炎症等に効果が期待されます。ちなみにベンフォチアミンが多く含まれている食べ物として、豆腐や牛乳、コメ、麦などが挙げられます。

ビタミンB2

ビタミンB2には耐熱性の成長促進因子、「リボフラビン」が発見されました。皮膚、粘膜や爪などの健康に役立つとされているもので、体内でビタミンB2が減少すると眼精疲労が起きるとされています。また、摂取しやすい栄養である点もポイント。魚介類、肉類、豆類、乳製品など様々な食品に含まれています。

ビタミンB6

ホルモン、神経伝達物質の合成に関わっているのがビタミンB12です。免疫機能、皮膚や粘膜に関わっていることから、目の粘膜にも影響を与えています。体内からビタミンB12が減少すると、皮膚炎や口内炎が増えるとされています。ちなみにビタミンB6が豊富に含まれているのが赤みの魚やささみ、バナナやパプリカといったものなので、日常的な食生活でも摂取できることでしょう。

ビタミンB12

神経と筋肉に働きかけると共に、粘膜を正常に保つ働きがあるビタミンB12。体内からビタミンB12が減少・欠乏すると末梢神経障害が起きることから、目とも密接な関係にあることが分かります。筋疲労、神経系による目の疲れ双方にアプローチできる栄養素で、魚介、肉類に含まれています。他のビタミンと異なり、野菜や果物には一切含まれていない点は注意が必要です。

栄養素を効率よく取り入れる方法

サプリメントの活用

必要な栄養素を食事のみで摂取すると、カロリー過多となるリスクがありますので、サプリで効率よく摂取すると良いでしょう。その際、自身の食生活を鑑み、足りていない栄養を補給するスタンスが理想。サプリだけですべてを補うとなると金銭的な負担も大きくなりますので、バランスが重要です。

摂取のタイミング

栄養は摂取するタイミングも重要です。空腹時と満腹時では吸収率は異なります。空腹の方がより栄養を摂取しますし、満腹時では不要と判断された栄養素は対外に排出されてしまいます。

一緒に摂取する栄養

一緒に摂取する栄養も重要です。サプリだけを摂取するのか、あるいは他の栄養と同時に摂取するかでも体内での栄養の浸透が変わります。そのため、サプリだけで摂取するよりも、食事と一緒に摂取した方が吸収率は高いです。サプリはいつでも手軽に摂取できる点がメリットではありますが、体内への吸収を考えると、食事等と一緒に摂取した方が、効果が高まるとされています。

目の筋肉疲労に挑む!
抗酸化力の高い栄養素は?
       

デスクワークで生じる目の疲れのほとんどは、目の使い過ぎによる目の調節機能を司る筋肉(毛様体筋)の疲労が原因です。
筋肉疲労の原因物質といえる活性酸素の増加に対抗するためには、抗酸化成分が有効といえます。ある研究データによると、抗酸化作用が特に高い栄養素はこのようになりました。

〜各栄養成分の抗酸化力〜
           

※ビタミンCの活性酸素(一重項酸素)除去能を1とした場合の各成分の消去力を比較しています。

グラフ

Nishida, Y., et al.:Quenching activities of common hydrophilic and lipophilic antioxidants against singlet oxygen using chemiluminescence detection system, Carot. Sci., 11, 16, 2007 より参照

網膜にも届く
高い抗酸化成分
アスタキサンチンのイメージ
アスタキサンチンのチカラ
                   

関連ページ