めだまサイクル~目の疲れたデスクワーカーのためのサイト~ » Step3【最適な対処】~疲れ目症状別のおすすめ栄養素~ » ビタミンC

ビタミンC

目の不調を回復させる働きがある成分として、ここでは、ビタミンCをピックアップしてご紹介します。ビタミンCに期待される目への効果、ビタミンCの効率的な摂取方法などをまとめましたので、目の疲れなどにお悩みの方は、ぜひ参考にしてください。

ビタミンCとは

ビタミンCは、アスコルビン酸と呼ばれる水溶性化合物の一種。生命維持のために不可欠な成分であることは言うまでもありませんが、ほとんどの哺乳類が体内でビタミンCを合成できることに対し、人間を含めた一部の哺乳類には、それができません。そのため、人が健康を維持していくためには、食事等からのビタミンCの摂取が不可欠となります。
様々な働きを持つビタミンCですが、特に重要な働きが体内におけるコラーゲンの生成。血管や筋肉、心臓、呼吸機能、骨、軟骨、歯などを正常に保つためには、ビタミンCによるコラーゲンの生成が不可欠とされています。

ビタミンCの
目の疲れに対する効果

目の老化を防いで視力を維持したい方におすすめ

ビタミンCが持つ様々な働きの中でよく取り上げられているのが、目の水晶体の細胞老化を防ぐ働き。水晶体とは、カメラで言えばレンズに相当する部分です。レンズをうまく調節できればきれいな写真が撮れますが、うまく調節できないとピンぼけとなってしまいます。目で言えば、老眼の状態ですね。
水晶体の細胞老化を防ぐということは、言い換えれば、老眼を予防するということ。ビタミンCの摂取により、老眼の予防効果が期待できるでしょう。

目の疲れや充血にお悩みの方におすすめ

目の疲れや充血を少しでも緩和させるためには、目の毛細血管の働きを良好に維持することが効果的です。
ところで、毛細血管をしなやかに、かつ頑丈に保つためには、コラーゲンの働きが不可欠。そして、コラーゲンの生成に最も重要な役割を果たす成分が、ほかでもないビタミンCです。 ビタミンCを日常的に摂取することにより、目の疲れや充血などの症状の緩和が期待できるでしょう。

ビタミンCの摂取方法

食事での摂取

多くの方がご存知の通り、ビタミンCは、フルーツや野菜などに多く含まれています。水溶性なので、水を使って調理をすると成分が逃げてしまう恐れがあるので、できれば食材をそのまま摂るか、またはジュースなどにして飲むことが理想的です。
普段から口にすることの多い食材やジュースの中で、特にビタミンCを多く含んでいるのが、アセロラ(ジュース)やキウイフルーツ、かき、いちご、赤ピーマン、かぶ、さやえんどう、緑茶など。多くの方にとって、抵抗なく摂ることのできる食材ではないでしょうか?

栄養素を効率よく取り入れる方法

サプリメントなどで効率よく摂取

本来であれば、普段の食事の中から十分な量を摂取したいビタミンC。ところが現代人はとても忙しいので、ビタミンCの含有量や摂取量を意識して食事メニューをセレクトしたり、食材を買って調理したりすることは、なかなかできません。
そこで、効率的なビタミンCの摂取方法としておすすめなのが、サプリメントの活用です。食前や食後、ちょっとした空き時間などに、簡単に摂取できるサプリメント。普段の食生活ではビタミンCが不足していると感じている方は、ぜひサプリメントを活用していきましょう。

摂取量を確認する

ビタミンCの推奨摂取量は、男性・女性(15歳以上)ともに100mg/日ほど。各種の病気のリスクを回避するためには、最低でも85mg/日は必要とされています。
先に説明した通り、人間は、体内でビタミンCを作り出すことができない数少ない哺乳類の一種。食事かサプリメントかを問わず、意識的にビタミンCを摂取していくようにしましょう。
なおビタミンCは水溶性ですが、1,000mg/日を超える量の摂取をした場合、活性酸素の過剰生成から細胞死を招くリスクが指摘されています。サプリメントを利用する際には、過剰摂取に陥らないように注意しましょう。

目の筋肉疲労に挑む!
抗酸化力の高い栄養素は?
       

デスクワークで生じる目の疲れのほとんどは、目の使い過ぎによる目の調節機能を司る筋肉(毛様体筋)の疲労が原因です。
筋肉疲労の原因物質といえる活性酸素の増加に対抗するためには、抗酸化成分が有効といえます。ある研究データによると、抗酸化作用が特に高い栄養素はこのようになりました。

〜各栄養成分の抗酸化力〜
           

※ビタミンCの活性酸素(一重項酸素)除去能を1とした場合の各成分の消去力を比較しています。

グラフ

Nishida, Y., et al.:Quenching activities of common hydrophilic and lipophilic antioxidants against singlet oxygen using chemiluminescence detection system, Carot. Sci., 11, 16, 2007 より参照

網膜にも届く
高い抗酸化成分
アスタキサンチンのイメージ
アスタキサンチンのチカラ
                   

関連ページ