めだまサイクル~目の疲れたデスクワーカーのためのサイト~ » Step2【原因の分析】~ほとんど疲れ目はこうして起きる~ » 調節性眼精疲労

調節性眼精疲労

調節性眼精疲労とは

調節性眼精疲労とは、一般的に目の筋肉の酷使による目の疲れです。

目にもまた、筋肉があります。目で何かを見るということは、筋肉を使用することを意味します。遠くの自然を見るのであればさほど筋肉に負担はかかりませんが、小さなもの、暗い場所、あるいはパソコンやスマートフォンのモニターを長時間見るといった行為は目の筋肉に負担を与え、調節性眼精疲労を招きます。

老眼も調節性眼精疲労の一種

年齢と共に襲ってくる老眼もまた、調節性眼精疲労の一種と考えられています。
老化は筋力の衰えももたらします。これにより、目の力が弱まり、物が見えにくくなるのです。

調節性眼精疲労として
挙げられる症状

肩こりや頭痛

調節性眼精疲労は疲れ目だけではなく、肩こりや頭痛なども招きます。

調節性眼精疲労が起きるのは疲労を起こしているからこそです。筋肉は体中繋がっています。目周辺の筋肉が疲労している場合、その周囲の筋肉にも影響が出ますので、肩こり、頭痛などを招きます。

調節性眼精疲労を
引き起こしているしくみ

見る=目の筋肉の使用

目で物を見るということは、少なからず目の周辺の筋肉に負担をかけることになります。

そして、負担の度合いが大きなものであれば目の疲れが慢性的に続き、調節性眼精疲労等をもたらすことになります。特にパソコンやスマートフォンは長時間見続ける人が多いです。それらを見れば眼球の毛様体筋に力が入ります。つまりは疲労が起きます。

毛様体筋もまた、「筋」という字が含まれていることから筋肉であることが分かるかと思いますが、負担をかけ続ければ筋肉は疲労しますので眼精疲労を招きます。

調節性眼精疲労を緩和させるための対処法

目の周辺をマッサージする

毛様体筋が疲労し、機能低下を招く筋性眼精疲労は広い意味では筋肉痛です。

そのため、目の周辺をマッサージすると効果的です。目に限らず、人間の筋肉はマッサージすることで血流が良くなり、状態が緩和されます。

「マッサージ」と聞くと大げさに聞こえてしまうかもしれませんが、こめかみなど目の周辺を指で押すだけでも立派なマッサージで、筋性眼精疲労対策になります。

長時間酷使しない

長時間酷使することで疲労しますので、長時間酷使しないこともまた、対処法の一つです。

適度に休憩時間を挟むことで、疲労の蓄積の度合いが変わります。無理に長時間目を酷使させると疲労の蓄積も加速されてしまいますので、適度に休憩をはさみましょう。

抗酸化成分を摂取する

疲労とは酸化でもありますので、抗酸化成分を摂取することもまた、立派な対策です。

抗酸化成分は体の中から働きかけることになりますので、マッサージ等ではなかなか効果が出ない人は検討すべき選択肢の一つです。

継続的に摂取することで、酸化しにくい体、つまりは疲れにくい体になりますので、目も疲れにくくなることが期待されます。サプリメント等でもありますので、チェックしてみるとよいでしょう。

監修者情報
眼科医ドクターK
オンライン眼科編集長:doctorK

眼科医・ライター。WEBサイト「オンライン眼科」編集長。
医学生時代からプロライターとして活動し、眼科医となった後も目の健康や病気に関する解説を、一般向けから医療従事者向けまで幅広く扱う「オンライン眼科」を開設。

目の筋肉疲労に挑む!
抗酸化力の高い栄養素は?
       

デスクワークで生じる目の疲れのほとんどは、目の使い過ぎによる目の調節機能を司る筋肉(毛様体筋)の疲労が原因です。
筋肉疲労の原因物質といえる活性酸素の増加に対抗するためには、抗酸化成分が有効といえます。ある研究データによると、抗酸化作用が特に高い栄養素はこのようになりました。

〜各栄養成分の抗酸化力〜
           

※ビタミンCの活性酸素(一重項酸素)除去能を1とした場合の各成分の消去力を比較しています。

グラフ

Nishida, Y., et al.:Quenching activities of common hydrophilic and lipophilic antioxidants against singlet oxygen using chemiluminescence detection system, Carot. Sci., 11, 16, 2007 より参照

網膜にも届く
高い抗酸化成分
アスタキサンチンのイメージ
アスタキサンチンのチカラ
                   

関連ページ