めだまサイクル~目の疲れたデスクワーカーのためのサイト~ » Step4【ステップアップ】デスクワーカーに聞いたパソコン疲れ対策 » ディスプレイの設定変更で目の疲れ対策

ディスプレイの設定変更で目の疲れ対策

仕事でパソコンは欠かせないという方の中で、「疲れ目」に悩んでいるというケースは非常に多いのではないでしょうか。このページでは、ディスプレイの設定による目の疲れ対策についてご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

ディスプレイを見る姿勢のチェック

疲れ目を予防するためには、ディスプレイを見るときの姿勢も大切です。作業をする姿勢について、注意しておきたいポイントをご紹介しますので、自分の姿勢を今一度チェックしてみてください。

画面と目の距離がポイント

ディスプレイを見るときの姿勢も、疲れ目予防に関わってきます。一般的には、通常のディスプレイであれば40センチ以上、ワイドディスプレイであれば50センチ以上の距離を取ることが望ましい、とされています。なぜワイドディスプレイの方が距離を取らなければいけないのか不思議に感じるかもしれませんが、これは画面の幅が関連しています。横幅があるため、その分ディスプレイとの距離を取らないと画面全体が視野に収まらないために距離を取る必要があるのです。

ただし、これらの基準はあくまで基本的なものなので、画面解像度や画面の文字サイズ、本人の視力なども関わってきます。いずれにしてもあまりにも近い距離でディスプレイを見ていると目が疲れてきますので、適宜休憩をとりながら作業を行いましょう。

また、ディスプレイを見るときの目線ですが、正面または少し下向きの視線にするのがポイント。画面を見上げるような姿勢になると、どうしてもドライアイになりがちになり、余計に目に負担をかけてしまいます。

椅子に座る姿勢にも注意

また、椅子に座るときの姿勢にも注意が必要です。姿勢の基本は、「深く腰掛ける・背筋を伸ばす・足の裏全体を床につける」という3点。このような姿勢が体に余計な負担がかからないとされているため、首や腰、肩が楽になったと感じる人もいるでしょう。もし足がしっかりと床につけられない場合には、フットレストを活用するのもおすすめです。

正しい姿勢を取るにはディスプレイの高さや角度も大切

正しい姿勢についてご紹介してきましたが、正しい姿勢のためにはディスプレイの高さや角度を調整することも忘れないようにしましょう。ディスプレイを選ぶときに、上下や角度の調整ができるものを選択すると、パソコンでの作業が楽になるはずです。

ディスプレイの明るさ設定を見直す

パソコンで作業を行う際には、ディスプレイは特に設定をせずに購入したときのまま使用している、という方も多いかもしれません。疲れ目を予防するためには、ディスプレイの設定もしっかりと調整しておきたいところです。

ディスプレイ設置場所に合わせた明るさに

パソコン作業中の目への負担を軽減するためには、設置している環境の明るさに合わせた調整を行うと良いでしょう。設定の方法としては、白い紙を使うとちょうど良い明るさに合わせることができるのでおすすめです。

具体的な調整方法としては、いつも作業をしている状態に明るさを合わせてコピー紙など白い紙をディスプレイと並べます。このときに、白い紙とディスプレイの明るさをできるだけ合わせてあげると、程よい明るさに調整できるとされています。 特に、事務仕事などが多い場合には、コピー用紙に印刷された文字とディスプレイを見比べながら仕事をすることが多くなります。このとき、画面の明るさと紙の色に差がある場合には目に負担がかかりやすいので、できるだけ明るさを合わせます。

一般的に、ディスプレイの明るさは「300〜500ルクス」といわれる明るさ(通常のオフィスの明るさ)では、ディスプレイの明るさはおよそ「100~150カンデラ/平方メートル」に合わせると良いとされていますが、ここまで難しいことを考えずに、先に紹介した白い紙と明るさを合わせるようにすると良いでしょう。

設置している環境の明るさが変わる場合に注意

ディスプレイの明るさを設定する際には、設置場所の明るさに注意します。一定の明るさの中で作業するのであればディスプレイの明るさも一定で問題ありませんが、もし時間によって明るさが変わる場合には注意が必要です。部屋全体の明るさに合わせてディスプレイの明るさも変更することで目への負担も軽減できます。

ただし、明るさが変わるごとにディスプレイの明るさを変更するのは非常に手間に感じる方も多いでしょう。そこでおすすめなのが、周りの明るさに合わせて画面の明るさ調整を行えるディスプレイの導入。時間帯で部屋の明るさが変わるという場合には、一度チェックしてみると良いでしょう。

ディスプレイのチラツキを抑える

ディスプレイを見ていてチラツキを感じる場合には、それが目の疲れにつながることがあります。最近主流になっている液晶ディスプレイのLEDバックライトでは、明るさを調整するための仕組みが搭載されているものが多くあります。その中で「PWM(Pulse Width Modulation)調光」と呼ばれる方式を採用している場合には注意。この兆候方式の場合には、LED素子の点滅時間を調整することによってディスプレイの明るさを調節しています。

この調整方式の場合、人によってはLED素子の点滅がチラツキとして感じられ、目の疲れに繋がってしまうこともあるようです。ただし、個人差が大きい部分でもあるため、同じディスプレイで同じ明るさだったとしても全くチラツキを感じない人もいます。

このような場合には、別の調光方式を採用しているディスプレイを使うのが最も早い解決方法といえるでしょう。他のディスプレイを使用したときに、もし画面のチラツキを感じないようであれば、ディスプレイの変更を検討することがおすすめです。

ディスプレイの中には、チラツキが発生しないような調光方式をとっているものもあります。例えば「DC(Direct Current)調光」や、「EyeCare調光」といった調光方式であれば画面のチラツキが発生しないとされています。

ディスプレイのブルーライトを抑える

疲れ目対策としては、ブルーライトを抑えながら作業をすることも大切です。ブルーライトは、「可視光」と呼ばれる人の目で見える光の中でも紫外線に近い波長を持っているもの。一般的に目に負担をかけやすいといわれています。

ブルーライトへの対策方法

このブルーライトから目を守るための対策としては、ブルーライト対策メガネをかけることが手軽な方法であるとされています。一般的なメガネ店で販売されていますので、自分にあったものを選ぶと良いでしょう。また、ディスプレイの表面にブルーライトを低減させるためのフィルムを貼ったり、ディスプレイの調整を行ったりする方法もあります。

また、ディスプレイの中にはブルーライトを抑える機能を持っているものもありますので、活用するのもひとつの手です。

ディスプレイの画質調整方法

ブルーライトを抑えるためにディスプレイの画質調整を行うためには、色温度を「5000K」に変更すると400〜500ナノメートルの波長(ブルーライトに相当する波長)がおよそ2割カットできるという報告があります。加えて、画面の明るさを適切に調整することで、合わせて6〜7割のブルーライトがカットできるともいわれています。

ただし、色温度を下げることで画面全体が黄色っぽくなるため、色の再現性が落ちてしまいます。このことから、写真や画像などを取り扱う作業を行っている場合には、その作業の時には通常の色温度にして使用し、その他の作業の際には色温度を下げるといった対応が必要になるでしょう。

このような作業が必要になる方は、前項で紹介した、ブルーライトを抑える機能を持ったディスプレイを使ったり、自動で表示モードを切り替えられるソフトを使用したり、といった方法を検討するのがおすすめです。

疲れ目対策に特化したディスプレイを使う

疲れ目を予防するためには、ディスプレイそのものに疲れ目対策の機能がついたものを導入することが必要です。

中には、「疲れ目対策」を掲げているディスプレイもあります。例えば、ディスプレイの明るさやチラツキ、ブルーライトの調整の他にも、作業する際に正しい姿勢が取れるように高さ調整機能がついたものも販売されていますので、ディスプレイを選択する際には、このような観点でもチェックしてみましょう。

まとめ

パソコンで作業を行う際の疲れ目対策についてご紹介してきました。作業時の姿勢など自分自身で気をつけられる部分に加え、ディスプレイそのものの調整などを行うことによって、目への負担を軽減できる可能性があります。

まずは作業時に正しい姿勢を取れているのか、またディスプレイの明るさなどは適切なものになっているかどうかをチェックし、疲れ目を予防しながら作業できる環境を作っていくと良いでしょう。

目の筋肉疲労に挑む!
抗酸化力の高い栄養素は?
       

デスクワークで生じる目の疲れのほとんどは、目の使い過ぎによる目の調節機能を司る筋肉(毛様体筋)の疲労が原因です。
筋肉疲労の原因物質といえる活性酸素の増加に対抗するためには、抗酸化成分が有効といえます。ある研究データによると、抗酸化作用が特に高い栄養素はこのようになりました。

〜各栄養成分の抗酸化力〜
           

※ビタミンCの活性酸素(一重項酸素)除去能を1とした場合の各成分の消去力を比較しています。

グラフ

Nishida, Y., et al.:Quenching activities of common hydrophilic and lipophilic antioxidants against singlet oxygen using chemiluminescence detection system, Carot. Sci., 11, 16, 2007 より参照

網膜にも届く
高い抗酸化成分
アスタキサンチンのイメージ
アスタキサンチンのチカラ
                   

関連ページ