めだまサイクル~目の疲れたデスクワーカーのためのサイト~ » Step4【ステップアップ】デスクワーカーに聞いたパソコン疲れ対策 » メガネを利用した目の疲れ対策

メガネを利用した目の疲れ対策

長い時間パソコンで作業をしていると、目が疲れて仕方ない…と感じている方もいるでしょう。そこでこの記事では、メガネを利用した目の疲れ対策をご紹介。ぜひ参考にしてみてください。

メガネでできる目の疲れ対策方法

では、具体的にどのような対策方法が考えられるのかをご紹介します。メガネを普段使っている人・使っていない人どちらでもできる対策方法を紹介していますので、自分に合ったものを選んでみてください。

レンズの度数を弱める&軽いものにする

目の疲れには、「メガネの度数」も影響している場合があります。これは「度数の強すぎるメガネを使っている」ということ。普段メガネを使うとき、近視用メガネは遠くを見やすいように作られています。遠くをはっきりと見るためには、より度数の強いメガネを使用することになります。

ただし、このメガネをパソコンなど近いものを見るときに使用してしまうと、目はピントを合わせようと目の筋肉をさらに緊張させることになります。このことから、目への負担が大きくなってしまうため、近くを見る際にはレンズの度数を弱めたものを使用すると良いでしょう。

また、必要以上に疲れないように、メガネを軽いものに変えてみるのもひとつの方法。メガネをかけていて重さを感じる場合には、一度軽いものを使ってみると快適さに驚くかもしれませんよ。

メガネ
メガネ

パソコン用レンズのメガネを利用する

パソコンを使用する場合には、「近近両用レンズ(近近型)」と呼ばれるレンズを使用するのもひとつの方法です。これは、単焦点の老眼鏡よりも奥行きがあるデスクワーク専用レンズで、新聞全体を広げた状態で焦点を合わせられるという特徴を持ったレンズです。

例えば資料を見ながらパソコンを操作する場合、資料から画面までをあまり顔を動かさずに広く見れるため、作業が非常に楽になります。パソコン作業が快適になるというメリットがある反面、手元専用のレンズとなるため室内を見渡すことができない点がデメリット。また、階段の上り下りや運転、屋外では他のメガネを使用するようにしましょう。

近近両用レンズは、目的の奥行きに合わせて4つのタイプがありますので、実際に試してみてどれが自分に合うかを確認することをおすすめします。このように、最近ではパソコン作業に適したレンズもさまざまなものがありますので、ぜひお店で相談してみると良いでしょう。

メガネ
メガネ

ブルーライトカットレンズを利用する

疲れ目対策として、「ブルーライトカットレンズ」を使用する、という方法も考えられます。ブルーライトは可視光線のひとつ。非常に大切な役割を持つものではあるものの、パソコンやスマートフォンからも発せられており疲れ目の原因となってしまいます。

このことから、ブルーライトカットレンズを使用したメガネを利用することがおすすめ。アイテムによってブルーライトのカット率も変わってきます。パソコンなどの画面を長い時間見続ける場合には、40%程度のカット率を持つレンズを選ぶのがおすすめとされています。

ただし、ブルーライトは疲れ目を引き起こす原因のひとつではあるものの、他の原因がある場合にはブルーライトカットレンズを使用しても思うように効果が得られない場合もあるようです。ブルーライトカットレンズを使用しても症状が改善しない場合には、ほかの原因も探してみることがおすすめです。

メガネ
メガネ

まとめ:疲れ目には自分にあったメガネを探そう

長時間パソコンを使う人に向けて、メガネを使った疲れ目対策について紹介してきました。メガネでもさまざまな対策を行うことができます。普段からメガネを使っている人も、使っていない人も、ぜひ自分に合った方法を探してみてはいかがでしょうか。

目の筋肉疲労に挑む!
抗酸化力の高い栄養素は?
       

デスクワークで生じる目の疲れのほとんどは、目の使い過ぎによる目の調節機能を司る筋肉(毛様体筋)の疲労が原因です。
筋肉疲労の原因物質といえる活性酸素の増加に対抗するためには、抗酸化成分が有効といえます。ある研究データによると、抗酸化作用が特に高い栄養素はこのようになりました。

〜各栄養成分の抗酸化力〜
           

※ビタミンCの活性酸素(一重項酸素)除去能を1とした場合の各成分の消去力を比較しています。

グラフ

Nishida, Y., et al.:Quenching activities of common hydrophilic and lipophilic antioxidants against singlet oxygen using chemiluminescence detection system, Carot. Sci., 11, 16, 2007 より参照

網膜にも届く
高い抗酸化成分
アスタキサンチンのイメージ
アスタキサンチンのチカラ
                   

関連ページ