めだまサイクル~目の疲れたデスクワーカーのためのサイト~ » Step4【ステップアップ】デスクワーカーに聞いたパソコン疲れ対策 » 体を動かして目の疲れ対策

体を動かして目の疲れ対策

パソコンやスマホを長時間見続けると、目に負担がかかり目の疲れにつながる恐れがあります。さらに目の疲れは肩こりや頭痛を引き起こす原因にもなり得ることから、しっかりとした目の疲れ対策を立てて実行することが大切です。

ここでは、体を動かすことによって目の疲れを解消する対策を紹介します。

ヨガで対策

目の疲れを解消するための運動として、手軽にできるヨガがおすすめです。ヨガであれば自宅にいながら空き時間を利用して行うことができることから、普段忙しい方でも気軽に実施できるでしょう。

ここからは、目の疲れを解消できるおすすめヨガポーズを4つ紹介します。

目に感謝するポーズ

両方の手のひらを両目に当てて、目に感謝するポーズも目の疲れを解消できるのでおすすめです。具体的には、椅子に浅く坐って背すじを伸ばし、胸を張ります。両手のひらをこすり合わせ、摩擦で温める。肩と肘から力を抜いて脱力し、閉じた両目に手のひらを当てて温め、鼻から息を吸い、鼻から息を吐く深い呼吸を10回繰り返す。

ウッタナーサナ(立位前屈のポーズ)

ウッタナーサナも、目の疲れを解消できるおすすめのポーズです。まっすぐ立ち、両手を体側に下ろします。息を吐きながら股関節から前屈し、両手を床へ下ろし、5~10呼吸キープしましょう。前屈が苦手で辛い場合は膝を曲げても大丈夫です。その分、首の後ろ側を伸ばすように意識して頭頂部を下向きにしましょう。

うさぎのポーズ

うさぎのポーズも、目の疲れ解消に効果的です。最初に四つん這いになり両手の間に頭頂部を下ろし、小さく前後に動かします。動きを止め、首に痛みがなければ両手をマットから離して背中の後ろで繋ぎます。繋いだ拳を上に引き上げ、5呼吸続けながら頭頂部を刺激しましょう。

魚のポーズ

魚のポーズは、首や背中の筋肉をしっかりとほぐすことができるポーズです。まずは仰向けになり、両足は脱力して伸ばしておきます。両腕を背中の下にしっかりとしまい込み、手の上にお尻が乗るように配置します。息を吸い、腕でマットを押しながら胸を持ち上げ、首の前側を伸ばして頭頂部をマットに付け5~10回呼吸しましょう。

目の体操で対策

長時間目を酷使すると、自然とまばたきの回数が減り、目が乾く、目の奥が重くなる、といった症状が出てきます。さらには目の疲れから肩がこる、首や肩、腕が痛むなどさまざまな症状に進展することも。パソコン作業をするときは、1時間ごとに10~15分の休憩をとり、目を休ませてあげましょう。疲れ目の改善やリフレッシュには、目の周りの筋肉をほぐすストレッチが効果的です。

ウォーミングアップ

ウォーミングアップとして、まずは左右交互にリズミカルにウインクを行います。その後同様に少しスピードを速めてウインクを行い、今度はふわっとゆっくり柔らかく行います。それぞれお10~20回繰り返し、最後は意識的にギュッと強めにして仕上げに両目をギュッと閉じてパッと開く動作を3回行います。

上下左右体操

上下左右体操として、まずは右まゆを見つめます。視線を戻して、左まゆを見つめます。次に右ほほを見て視線を戻し、左ほほを見つめます。百万らに右耳を見つめて視線を戻し、左耳を見つめます。髪の生え際を見つめて視線を戻して、あご、最後は鼻を見つめます。それぞれ3秒ほど見つめましょう。

ぐるぐる体操

目をなめらかに動かすぐるぐる体操もおすすめです。まずはゆっくりと右回りに眼球を2~3周回します。同様に左回りで眼球を2~3周回します。最後は寄り目にして5秒キープし、戻してリラックスしましょう。目が回らない程度にゆっくりと行なうことがポイントです。体操の最中は視界に色々なものが入ってきますが、集中力を高めて目のふちを見るように意識しましょう。

まとめ

今回は、目の疲れ解消に効果があるおすすめのヨガポーズや目の体操をいくつか紹介してきました。今回紹介した運動はどれも手軽に始められるものばかりです。パソコン作業やスマホに集中して目が疲れてきたら、こまめに運動を繰り返してリラックスすることを心がけましょう。

目の筋肉疲労に挑む!
抗酸化力の高い栄養素は?
       

デスクワークで生じる目の疲れのほとんどは、目の使い過ぎによる目の調節機能を司る筋肉(毛様体筋)の疲労が原因です。
筋肉疲労の原因物質といえる活性酸素の増加に対抗するためには、抗酸化成分が有効といえます。ある研究データによると、抗酸化作用が特に高い栄養素はこのようになりました。

〜各栄養成分の抗酸化力〜
           

※ビタミンCの活性酸素(一重項酸素)除去能を1とした場合の各成分の消去力を比較しています。

グラフ

Nishida, Y., et al.:Quenching activities of common hydrophilic and lipophilic antioxidants against singlet oxygen using chemiluminescence detection system, Carot. Sci., 11, 16, 2007 より参照

網膜にも届く
高い抗酸化成分
アスタキサンチンのイメージ
アスタキサンチンのチカラ
                   

関連ページ