めだまサイクル~目の疲れたデスクワーカーのためのサイト~ » 目の疲れに関するニュース » 目の疲れにおすすめな食べ物とは

目の疲れにおすすめな食べ物とは

目の疲れの症状がある場合には、食事も少し見直してみる必要があるかもしれません。このページでは、目の疲れを感じたときに摂り入れたい栄養素について紹介しています。その栄養素が多く含まれる食品についてもまとめていますので、日々の食事の参考にしてみてください。

疲れ目にはビタミンA、ビタミンBがいい

目の疲れを感じる時には、ビタミンAやビタミンBを積極的に摂取するのがおすすめ。なぜこのような栄養素を摂取するのが良いのか、またどのような食品に多く含まれているのかといった点について紹介しています。

ビタミンA

ビタミンAは、毛様体の筋肉の弾力を回復させることによって疲れ目などの改善に役立つとされているので積極的に摂りたい栄養素といえるでしょう。

食卓によく登場するにんじんには、必要に応じて体内でビタミンAに変換される「βカロテン」が豊富。にんじんであれば手軽に食べることができますのでおすすめです。食べるときのポイントとしては、油で調理すると吸収率がアップする、という点。油で炒めたりするような献立を考えてみると良いでしょう。

また、ほうれん草やカボチャ、うなぎ、モロヘイヤなどにもビタミンAが豊富に含まれています。

ビタミンB群

疲れ目が気になる場合には、ビタミンB群を摂取すると良いといわれています。中でもビタミンB1とB2には、視神経の働きを高める役割があるとされていますので、積極的に摂取したい栄養をといえるでしょう。

ビタミンBは豚肉やサバなど身近で日々の献立にも取り入れやすい食品にも多く含まれていますので、ぜひ意識的に食べるようにしましょう。

また、ビタミンB2は網膜の働きを助けるという役割があり、レバーや納豆、卵などに多く含まれます。さらに、ビタミンB6は水晶体や毛様体筋の主成分であるタンパク質を吸収するために必要な栄養素ですので、こちらも忘れずに摂取しましょう。ビタミンB6は大豆や牛乳、サケ、サバなどに多く含まれています。

サプリもうまく取り入れよう

いくら目に良い栄養素があったとしても、食事だけでは摂りきれない場合もあるかもしれません。そんな時にはサプリメントを上手に利用しましょう。ドラッグストアには多くのサプリメントが用意されていますので、前述したような栄養素が含まれているサプリメントを選んでみてはいかがでしょうか。

ぜひ食事とサプリメントをうまく組み合わせながら、効率よく摂り入れるようにしてみてください。

目の筋肉疲労に挑む!
抗酸化力の高い栄養素は?
       

デスクワークで生じる目の疲れのほとんどは、目の使い過ぎによる目の調節機能を司る筋肉(毛様体筋)の疲労が原因です。
筋肉疲労の原因物質といえる活性酸素の増加に対抗するためには、抗酸化成分が有効といえます。ある研究データによると、抗酸化作用が特に高い栄養素はこのようになりました。

〜各栄養成分の抗酸化力〜
           

※ビタミンCの活性酸素(一重項酸素)除去能を1とした場合の各成分の消去力を比較しています。

グラフ

Nishida, Y., et al.:Quenching activities of common hydrophilic and lipophilic antioxidants against singlet oxygen using chemiluminescence detection system, Carot. Sci., 11, 16, 2007 より参照

網膜にも届く
高い抗酸化成分
アスタキサンチンのイメージ
アスタキサンチンのチカラ
                   

関連ページ