めだまサイクル~目の疲れたデスクワーカーのためのサイト~ » 目の疲れに関するニュース » 正しい目薬の使い方は?

正しい目薬の使い方は?

日頃から目の疲れや乾きなどの対策として目薬を使用している方も多いのではないでしょうか。このページでは、目薬を正しく使うための情報を紹介しています。自分の目薬のさし方を見直してみませんか。

目薬の間違ったさし方をしていませんか?

目薬を使用する場合に大切なのが、「正しい目薬のさし方」を守ることです。ここでは、間違った目薬のさし方についてご紹介していきますので、間違ったさし方をしていないかどうかを確認してみてください。

点眼後に目をパチパチまばたきすること

目薬をさした後、すみずみまで目薬を行き渡らせようとして目をパチパチとまばたきする人はいないでしょうか。これは、ついつい行いがちな行動ですが、これをするとせっかくさした目薬が目から鼻に流れ出てしまい、点眼の効果が失われてしまいますので注意しましょう。

目薬の容器の先を目尻につけて点眼する

目薬をさす時に、容器の先を目尻につけて点眼するという方もいるでしょう。これは、目尻に容器をつけることによって容器の中に入っている点眼液が汚染されてしまうことに加え、また目の周りに点眼薬が落ちやすいというデメリットがあります。目の周りに落ちてしまった目薬を目に流し込むと、顔についている汚れや細菌、花粉などが目に入ってしまうことになりますので目尻にはつけないようにしましょう。

一度にたくさん点眼する

目薬の効果をたくさん得ようとして、一度にたくさん点眼してしまうというケースも誤りです。用法・容量に記載されている滴数を超えて点眼したとしても効果は変わりません。逆にせっかくの点眼薬が目から溢れてしまうだけなので、指示されている容量を守って点眼するのが大切です。

また、2種類以上の点眼液をさす場合に、すぐに続けて点眼するのもよくありません。2種類以上の点眼液を使用したい場合には、5分以上間を開けるようにしてください。

使用期限を守らない

目薬に限りませんが、薬には開封前の使用期限が記載されていますので、この期限をしっかりと守りましょう。開封後の期限は1ヶ月が目安です。残った目薬は使い続けることなく捨てるようにしましょう。

また、目薬を使った後は蓋をしっかりと閉めて、直射日光が当たらない涼しいところで保管するようにします。

正しい目薬のさし方

ではここで、正しい目薬のさし方をご紹介します。

上を向いた状態ではあまりうまく点眼できない場合には、寝た状態で目薬をさすのがおすすめです。

まとめ

目薬の正しいさし方をご紹介してきました。もし誤った使い方をしているのであれば、正しいさし方を身に付けるようにしてください。また、使用前には用法・容量についてしっかりと確認することも大切です。

目の筋肉疲労に挑む!
抗酸化力の高い栄養素は?
       

デスクワークで生じる目の疲れのほとんどは、目の使い過ぎによる目の調節機能を司る筋肉(毛様体筋)の疲労が原因です。
筋肉疲労の原因物質といえる活性酸素の増加に対抗するためには、抗酸化成分が有効といえます。ある研究データによると、抗酸化作用が特に高い栄養素はこのようになりました。

〜各栄養成分の抗酸化力〜
           

※ビタミンCの活性酸素(一重項酸素)除去能を1とした場合の各成分の消去力を比較しています。

グラフ

Nishida, Y., et al.:Quenching activities of common hydrophilic and lipophilic antioxidants against singlet oxygen using chemiluminescence detection system, Carot. Sci., 11, 16, 2007 より参照

網膜にも届く
高い抗酸化成分
アスタキサンチンのイメージ
アスタキサンチンのチカラ
                   

関連ページ