めだまサイクル~目の疲れたデスクワーカーのためのサイト~ » 目の疲れに関するニュース » 目の疲れと雨の関係

目の疲れと雨の関係

雨の転記は、気候だけでなく気分までどんよりしてしまうものです。実際に体調を崩してしまうケースもありますが、目の疲れを感じやすくなるという人もいるようです。

雨降りと疲れ目に関係があるのか、実際に調べてみました。

疲れ目と雨の関係

雨が多いことで目が疲れる…という直接的な要因はありませんが、気候の変動が激しいことによって目も疲れてしまうということがあるようです。雨の日が続いたり、たまに晴れたと思ったら気温が急に上がったりと、気候の変動が激しい時期は気候の変化にあわせて、自律神経が乱れてしまうケースがあり、そうなると目の疲れにも影響してきます。

気候の変化によって、睡眠が浅くなったり、日光が浴びられなかったりといったことも、間接的に疲れ目に影響しているかもしれません。こういった間接的な要因も含めて、手軽にできる対策も紹介していきます。

気候が変わる時期にできる疲れ目の対策

作業環境を整える

テレワークや外出自粛で、自宅にいる時間が増えた方も、出社してオフィスで勤務にあたっている方も、モニターやスクリーンに向かう環境を整えることが重要です。モニターやスクリーンの明るさを抑えたり、部屋が明るくなるようにライトを足したり、目の乾燥を抑えるために目薬を用意したり…

疲れ目予防のために、できることはたくさんあります。今いちど、自分の勤務環境が疲れ目の原因になっていないか見直してみましょう。これは雨の天気に関わらず疲れ目の防止につながります。

生活習慣の改善

当然ですが、生活習慣を改善していくことも疲れ目の改善につながります。一つは睡眠。睡眠時間を確保することと、睡眠の質を高めることが重要です。睡眠の質を高めるためには、入浴に気を付けることや、枕などの寝具を自分に合ったものに変えるといった方法があります。

もう一つは食事によるアプローチです。疲れ目に効果のある栄養を積極的に摂るようにしましょう。ビタミンなど普段の生活で意識的に摂取できるものや、アスタキサンチンなどサプリなどで摂取が可能な成分もあります。症状によって、摂取した方がよい成分も異なります。めだまサイクル内では、成分についてまとめた記事もあるので、参考にしてください。

目の筋肉疲労に挑む!
抗酸化力の高い栄養素は?
       

デスクワークで生じる目の疲れのほとんどは、目の使い過ぎによる目の調節機能を司る筋肉(毛様体筋)の疲労が原因です。
筋肉疲労の原因物質といえる活性酸素の増加に対抗するためには、抗酸化成分が有効といえます。ある研究データによると、抗酸化作用が特に高い栄養素はこのようになりました。

〜各栄養成分の抗酸化力〜
           

※ビタミンCの活性酸素(一重項酸素)除去能を1とした場合の各成分の消去力を比較しています。

グラフ

Nishida, Y., et al.:Quenching activities of common hydrophilic and lipophilic antioxidants against singlet oxygen using chemiluminescence detection system, Carot. Sci., 11, 16, 2007 より参照

網膜にも届く
高い抗酸化成分
アスタキサンチンのイメージ
アスタキサンチンのチカラ
                   

関連ページ