めだまサイクル~目の疲れたデスクワーカーのためのサイト~ » 目の疲れに関するニュース » 目の疲れと水分不足は関係がある?

目の疲れと水分不足は関係がある?

目の疲れと水分不足は関係あるのか、という点についてご紹介しているページです。目の乾きが目の疲れを引き起こす場合もあるとされていますが、なぜ水分不足が目の乾きにつながるのか、という点についてまとめました。

水分不足が目の疲れにつながる?

目の疲れにはさまざまな原因がありますが、そのひとつに「水分不足」があると考えられています。これは、目は粘膜で覆われていることが原因です。体が水分不足になると粘膜も乾いてしまい、疲れやすくなってしまうからです。

目の乾きを感じた場合には、目薬をさすことによって直接潤いを与えていくこともひとつの方法ですが、一時的には潤うものの長期的には他の対策が必要となるでしょう。そのために意識をしたいのが、水分を積極的に摂取するということです。人間の体は60%以上が水分で構成されています。そのため、水分が不足してしまうと体全体が乾いてしまい、目も乾いてしまうということにつながると考えられます。

正しい水分補給の仕方とは

せっかく水分を補給するからには、正しい水分補給を行いましょう。ここでは、水分補給を行う際のポイントをご紹介して行きます。

水分補給の際には「水」がおすすめ

水分補給をする場合には、「水」を選ぶのがおすすめです。例えばジュースやお酒は水分補給という観点ではおすすめできません。また、お茶やコーヒーにはカフェインが含まれているので、できれば水を選びたいところです。

ただ、寒い時期に飲む場合には、お腹や体を冷やさないように白湯などを飲むと良いでしょう。

「のどが乾いた」と感じる前に飲むこと

一般的に、のどが乾いたと感じる状態は、水分がかなり失われている状態であると考えられていますので、渇きを感じる前に水分補給をこまめに行うことが大切です。暑い屋外にいるときはもちろんですが、空調がきいた室内でも水分は失われていきますので、屋内にいるからといって油断は禁物です。

就寝前・起床後に水分補給を

人は寝ている間に500〜600mℓの水分を失っていると言われています。そのため、起床後にコップ1杯の水を飲むことを習慣にすると良いでしょう。

お酒を飲んだ後には水分摂取を

お酒を飲んだ夜にはいつもより多めの水分摂取を心がけることが必要です。なぜなら、アルコールの代謝には多くの水分を使うことになるためです。飲んだ後にはどうしても眠くなってしまいますが、寝る前に水分を摂るようにしましょう。また、お酒を飲みながら水を飲む習慣をつけておくと良いかもしれません。

目の筋肉疲労に挑む!
抗酸化力の高い栄養素は?
       

デスクワークで生じる目の疲れのほとんどは、目の使い過ぎによる目の調節機能を司る筋肉(毛様体筋)の疲労が原因です。
筋肉疲労の原因物質といえる活性酸素の増加に対抗するためには、抗酸化成分が有効といえます。ある研究データによると、抗酸化作用が特に高い栄養素はこのようになりました。

〜各栄養成分の抗酸化力〜
           

※ビタミンCの活性酸素(一重項酸素)除去能を1とした場合の各成分の消去力を比較しています。

グラフ

Nishida, Y., et al.:Quenching activities of common hydrophilic and lipophilic antioxidants against singlet oxygen using chemiluminescence detection system, Carot. Sci., 11, 16, 2007 より参照

網膜にも届く
高い抗酸化成分
アスタキサンチンのイメージ
アスタキサンチンのチカラ
                   

関連ページ