めだまサイクル~目の疲れたデスクワーカーのためのサイト~ » 目の疲れに関するニュース » 今話題のスマホ老眼とは?

今話題のスマホ老眼とは?

スマートフォンを長時間使っていると、目を酷使することになります。そこで近年問題になっているのが「スマホ老眼」。このページでは、どんな症状が出てくるのか、またどのような対策が考えられるのかを紹介します。

スマートフォンは目にはどんな影響がある?

スマートフォンで目を酷使すると、下記のような様々な影響があると言われています。

目の疲れ(眼精疲労)

スマートフォンを見る時は、非常に近い距離の文字などを見続けるというということになりますが、同じ距離を見続けると目の筋肉は疲弊し、目の疲れに繋がると言われています。そのため、休憩せずに目を酷使してしまうと目の奥が重く感じたり、かすんで見えるといった眼精疲労と言われる症状が現れる場合があります。

目の乾き(ドライアイ)

スマホの文字や動画などを集中して見ていると、どうしてもまばたきの回数が減っていきます。すると目の表面が乾いてしまうと同時に、目を保護する役割を持つ涙も供給することができなくなります。すると目の乾きを感じてしまうドライアイの症状が出てくるほか、角膜を傷つけることにも繋がりかねないといわれています。

スマホ老眼

老眼とは一般的に年齢を重ねると進行しますが、近年ではスマホの使いすぎによる「スマホ老眼」と呼ばれる症状が比較的若い年代にも見られるようになってきました。スマホ老眼の症状については下記で詳しく紹介します。

その症状「スマホ老眼」かも

スマホ老眼とは、スマホの見過ぎによって起こる老眼に似た症状のことです。ものを見る時にピントの調整がうまくできずに目がかすんでしまうといった症状が見られます。

これは、近くのものを見続けているために目の筋肉が凝り固まることによって起こります。通常ものを見る時には毛様体という筋肉が伸び縮みすることでピント調節を行っていますが、スマホを見続けることで毛様体が凝り固まってしまいうまく伸び縮みができず、ピント調節ができなくなってしまうのがスマホ老眼です。

スマホ老眼は20代や30代などに多く見られます。もし、最近ピントの調節がうまくできずものがかすんで見える、といった症状がある場合にはスマホ老眼の可能性があるといえるでしょう。

スマホ老眼の対策はどうすればいい?

スマホを使用する際には、こまめに休憩を挟むように心がけましょう。理想を言えばスマホの使用時間を減らすのが良いのですが、日常的に使用している人はなかなか難しいかもしれませんので、せめてこまめにスマホから目を離す時間を作ってください。

休憩をする時には、遠くを見るようにして眼の筋肉を緩めたり、目線を上下に動かすなどして眼の運動をしてみるのもおすすめです。はじめは面倒かもしれませんが、スマホ使用中の休憩を習慣にしていきましょう。

目の筋肉疲労に挑む!
抗酸化力の高い栄養素は?
       

デスクワークで生じる目の疲れのほとんどは、目の使い過ぎによる目の調節機能を司る筋肉(毛様体筋)の疲労が原因です。
筋肉疲労の原因物質といえる活性酸素の増加に対抗するためには、抗酸化成分が有効といえます。ある研究データによると、抗酸化作用が特に高い栄養素はこのようになりました。

〜各栄養成分の抗酸化力〜
           

※ビタミンCの活性酸素(一重項酸素)除去能を1とした場合の各成分の消去力を比較しています。

グラフ

Nishida, Y., et al.:Quenching activities of common hydrophilic and lipophilic antioxidants against singlet oxygen using chemiluminescence detection system, Carot. Sci., 11, 16, 2007 より参照

網膜にも届く
高い抗酸化成分
アスタキサンチンのイメージ
アスタキサンチンのチカラ
                   

関連ページ