めだまサイクル~目の疲れたデスクワーカーのためのサイト~ » Step1【問題の発見】~デスクワークで起きる体調不良あるある~ » CASE.1 30代なのに老眼を疑いたくなる

CASE.1 30代なのに老眼を疑いたくなる

デスクワークの目の疲れあるある・あれ?30代なのに老眼きてる?

【デスクワーカー目の疲れあるある】
30代でも老眼になる?

スマホを見るとき、近づきすぎるとよく見えなくなることがありませんか。

目を酷使する30代後半。もしかして早くも老眼がやってきたのか?と思うことがあるかと思います。しかし、それはいわゆる加齢によって起こる「老視」ではなくデスクワーク作業による眼精疲労によるものかもしれません。

30代で老眼を感じるのは、このようなシーンではないでしょうか。

SCENE.1 この動き、新聞を読む父と同じだ…

あれ…この動きって、と思ったんですよね。
お父さんが新聞を読んでいるとき、メガネに手を当ててしかめっ面をしながら、新聞を近づけたり遠ざけたりして見ているアレです。
あるときスマホの小さい文字が見づらい気がして、気がついたら画面を近づけたり遠ざけたりしてたんです。
これって老眼ってこと…?って落ち込みました。30代後半に差し掛かると、他のことにも加齢が影響してくるじゃないですか。だからデスクワークで使いすぎている目にも早めに歳の影響が来たのかなと思って…
普段はメガネをかけているんですけど、メガネのせいでピントが合わない気がして、メガネを外してみることもよくあります。
あ、そういえばこれもお父さんと同じだ…。

SCENE.2 「夜だけ老眼」なんてあるの?

時間限定の老眼みたいなものってあるのでしょうか?
私は1日中パソコンに向かうデスクワークをしているのですけど、昼間のうちはわりと平気なんですよね。
問題は夕方。夕方になると文字が見づらいというか、文字を見る気が起きないんですよね。老眼だけじゃなく、このくらいの時間には肩こりや頭痛が起こることもあるので、単に集中力が下がっているだけかなとも思うのですが…。
目の焦点が合いづらくなると老眼のイメージがあるじゃないですか。両目で見ると焦点が合わないので、気がつくと片目をつぶって見てしまっています。スマホを見ているとき、ふと遠くを見るとこれも焦点が合わない。
だいたい夕方から夜にかけて、こういうことが重なると「はぁ、もう老眼なのかも…」とちょっと沈みますよね。

30代なのに老眼を心配するあなたの体に起こっていること

加齢によって避けられない老眼(老視)は、一般的には40歳を過ぎた頃に症状が出はじめます。

人によって30代後半から始まることもありますが、これは手作業やパソコン作業において、細かいもの、様々な距離のものを見ることが多い人が早めに自覚する傾向にあるということのようです。

30代でデスクワーク作業の多い方であれば、目の疲れによって老眼に近い症状が発生することもあります。

あなたの体で起こっていることは、以下のようなことが考えられます。

※下記で解説していることは、「めだまサイクル」の調査による独自の見解です。眼をはじめ体調に異常を感じる場合は、医師の判断を仰ぐことをおすすめします。

ピント調節機能が筋肉疲労を起こしている

眼が焦点を合わせるには、主に「水晶体」と呼ばれる部分の働きによります。

水晶体はレンズの役割を果たし、毛様体筋が収縮をすることで水晶体の厚みを変え、遠くのものから近くのものへ、焦点をあわせることができるのです。

加齢によって、水晶体は硬くなり弾力性が失われていくため、ピントが合いづらくなります。これが老眼の自覚症状としてあらわれるのです。

しかし、ピントが合いづらくなる原因は他にもあります。水晶体はそれだけで伸縮ができるものではなく、水晶体を取り囲む「毛様体」という筋肉によって引っ張られて、焦点を合わせています。

デスクワーク作業やスマホ操作のように、眩しい光や文字を集中して見る状態が続くことで、毛様体筋は働き続け、筋疲労を起こします。近くのものを見るとき、毛様体筋は特に力が入っています(緊張・収縮の状態)。

つまり、疲れ目の原因は筋肉疲労と言え、これを眼精疲労と言います。

毛様体の筋肉疲労を放っておくとどうなるか

休憩や、一晩眠れば回復するのであれば一時的な目の疲れですが、例えば眠っても目の症状が改善しないということであれば、眼精疲労という病気のおそれがあります。

眼を酷使することで、充血やショボショボする感じといった眼に関する症状の他に、頭痛や肩こり、めまい、吐き気など全体の症状に広がってきます。

全体の症状に広がることで、集中力が下がり、ストレスが貯まると思います。眼精疲労は精神ストレスからくることもあるため、これもまた眼精疲労の症状を強くする原因となりえます。

姿勢の悪いデスクワーク作業も筋肉疲労が原因?

デスクワーク作業やスマホ操作においては、前のめりの姿勢になってしまいます。いわゆる猫背のような姿勢です。

この姿勢は正しい姿勢よりも頭の重さの負荷がかかってしまいます。また、先述の通り、ものを近づけて見るほど毛様体筋は疲れやすくなります。

そもそも前かがみの姿勢になってしまう原因のひとつに、体を支える背筋や腹筋が弱い可能性が考えられます。体を支えられる筋肉に力を入れていないため、体が前かがみになってしまうのです。実は猫背になる原因も、お腹と背中の筋肉疲労をかばう動きだと考えられるのです。

30代で老眼を疑うあなたがやるべき対処法は?

上記の通り、目の疲れはピント調節機能を支える筋肉の疲労が原因の一つであると考えられます。

そのためには、筋肉疲労を解消したり、起きにくくさせたりする方法が有効といえます。

筋肉疲労と抗酸化

運動時は酸素需要が高まることで、体内で活性酸素が作られ、組織の損害や炎症などの傷害を引き起こします。また、精神的ストレスも「中枢性疲労」と呼ばれ、自律神経の活発な活動から発生した活性酸素による酸化ストレスによって引き起こされているのです。

目薬を差したり、マッサージやストレッチを定期的に行うといった一般的な対症療法の他に、「体の酸化ストレスに目を向けてみる」のが、デスクワーカーに起こる体調不良を防ぐ方法の一つとなるでしょう。

監修者情報
眼科医ドクターK
オンライン眼科編集長:doctorK

眼科医・ライター。WEBサイト「オンライン眼科」編集長。
医学生時代からプロライターとして活動し、眼科医となった後も目の健康や病気に関する解説を、一般向けから医療従事者向けまで幅広く扱う「オンライン眼科」を開設。

目の筋肉疲労に挑む!
抗酸化力の高い栄養素は?
       

デスクワークで生じる目の疲れのほとんどは、目の使い過ぎによる目の調節機能を司る筋肉(毛様体筋)の疲労が原因です。
筋肉疲労の原因物質といえる活性酸素の増加に対抗するためには、抗酸化成分が有効といえます。ある研究データによると、抗酸化作用が特に高い栄養素はこのようになりました。

〜各栄養成分の抗酸化力〜
           

※ビタミンCの活性酸素(一重項酸素)除去能を1とした場合の各成分の消去力を比較しています。

グラフ

Nishida, Y., et al.:Quenching activities of common hydrophilic and lipophilic antioxidants against singlet oxygen using chemiluminescence detection system, Carot. Sci., 11, 16, 2007 より参照

網膜にも届く
高い抗酸化成分
アスタキサンチンのイメージ
アスタキサンチンのチカラ
                   

関連ページ