めだまサイクル~目の疲れたデスクワーカーのためのサイト~ » 眼精疲労によって起こる症状 » 眼精疲労の症状「首の痛み」

眼精疲労の症状「首の痛み」

眼精疲労が原因となって現れる症状には様々ありますが、それら症状の中でも、比較的多く聞かれる症状が首の痛み。首の痛み自体は色々な原因で出てくる症状ですが、代表的な原因の一つが眼精疲労であることを理解しておきましょう。

ここでは、眼精疲労と首の痛みとの関係について詳しく解説します。眼精疲労を抱えやすいデスクワーカーの方は、ぜひ参考にしてください。

眼精疲労と首の痛みの関係

眼精疲労の悩みをお持ちの方々の中に、首の痛みを訴える方多くいます。「眼精疲労と首の痛みは別物では?」と思っている方もいるかもしれませんが、両者の間には密接な関係があるので、ここでしっかりと理解しておきましょう。

首の後ろ(後頭部の下あたり)には様々な種類の筋肉が存在しますが、それら筋肉の中に、「上頭筋」「小後頭直筋」「大後頭直筋」と呼ばれる3つの筋肉があります。まとめて「後頭下筋群」と呼ばれています。

実は、これら3つの「後頭下筋群」は、目の焦点を合わせるときに動く「毛様体筋」に連動している筋肉組織。そのため、「毛様体筋」の使い過ぎによって眼精疲労が生じたときには、同時に首の後ろにある「後頭下筋群」も疲れてしまうことがあります。

ところで「後頭下筋群」の疲れは、首の痛みやコリの典型的な原因の一つ。「毛様体筋」の酷使による眼精疲労は「後頭下筋群」の疲れにつながるため、結果として首の痛みを誘発するという理屈です。

眼精疲労による首の痛みの症状

眼精疲労が原因の首の症状として、多くの方が自覚する主な3種類を見てみましょう。

首の後ろのコリや痛み

首の後ろに圧迫感や張り、コリ、痛みなどの違和感が生じます。眼精疲労から来る首の症状として、もっとも多く聞かれるものです。

首の動かしにくさ

首の張りや痛みなどが原因となり、スムーズに首を回転させたり上下に動かしたりできなくなることがあります。

頭痛

「後頭下筋群」の疲労により、頭痛(片頭痛を含む)を併発することがあります。

眼精疲労による首の痛みのケア方法

首の痛みの原因が明らかに眼精疲労ならば、根本的な原因となっている眼精疲労そのものの解消を目指すことが、痛みの解消に向けた正しいアプローチとなります。痛みのある首に直接アプローチすること(マッサージやストレッチなど)も有効ですが、最終的には目の「毛様体筋」の疲労解消を目指すケアが必要であることを忘れないようにしましょう。

眼精疲労の首の痛みに良いとされる主なセルフケアをご紹介します。

「毛様体筋」を十分に休ませる

「毛様体筋」を休ませることで、「後頭下筋群」の疲労解消を目指していきましょう。具体的には、ホットアイマスクを着けてしばらく目を閉じたり、パソコンやスマホの画面に向かう時間を見直したりなどしてみましょう。

パソコンの高さや角度、画面の明るさなどを調整する

パソコンの高さや角度、画面の明るさなどを調整することで、「毛様体筋」の過剰な働きを抑えられることがあります。あわせて、パソコンに向かうときの姿勢も再確認してみましょう。

眼精疲労に良いとされる成分を摂る

抗酸化作用の高い成分を積極的に摂取することで、眼精疲労の進行・悪化を抑えられることがあります。食生活や栄養状態の見直しをしてみましょう。

セルフケアできる場合と医療機関の受診をしたほうがよい場合

眼精疲労が原因の首の痛みであれば、上でご紹介したセルフケアを継続することで、首の痛みが少しずつ改善していく可能性があります。少しでも「良くなってきたかな?」と思ったら、ぜひケアを継続していきましょう。

ただし中には、どんなに真面目にセルフケアを行っても、首の痛みが解消されない人がいるかもしれません。あるいは、肩こりや腰痛などの別の症状も自覚し始める人もいるかもしれません。

症状が改善しない場合、もしかすると原因は眼精疲労ではなく神経系にあるかもしれないので(頸椎椎間板ヘルニアなど)、いったんセルフケアを中止し、速やかに医療機関を受診するようにしましょう。

まとめ

眼精疲労から来る首の痛みについて、症状やセルフケアの方法、医療機関を受診したほうが良い場合等について詳しく見てきました。

眼精疲労が悪化すると、首の痛みのほかにも、肩こりや腰痛、頭痛、イライラなど、様々な症状を招くことがあります。「ちょっと首が痛いだけ」などと自分をごまかして無理に仕事をしていると、それらの様々な症状に発展する恐れがあるので注意しましょう。

眼精疲労は、日頃から正しい対策を実践すれば予防することができます。症状が出てから対策をするのではなく、症状が出る前に対策をすることで、なるべく眼精疲労とは無縁の生活をしていきたいものです。

目の筋肉疲労に挑む!
抗酸化力の高い栄養素は?
       

デスクワークで生じる目の疲れのほとんどは、目の使い過ぎによる目の調節機能を司る筋肉(毛様体筋)の疲労が原因です。
筋肉疲労の原因物質といえる活性酸素の増加に対抗するためには、抗酸化成分が有効といえます。ある研究データによると、抗酸化作用が特に高い栄養素はこのようになりました。

〜各栄養成分の抗酸化力〜
           

※ビタミンCの活性酸素(一重項酸素)除去能を1とした場合の各成分の消去力を比較しています。

グラフ

Nishida, Y., et al.:Quenching activities of common hydrophilic and lipophilic antioxidants against singlet oxygen using chemiluminescence detection system, Carot. Sci., 11, 16, 2007 より参照

網膜にも届く
高い抗酸化成分
アスタキサンチンのイメージ
アスタキサンチンのチカラ
                   

関連ページ